平成30年度 病院指標

 

平成30年度 佐野記念病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 36 83 41 28 90 141 255 367 364 80

当院の退院患者さんを年齢階級別にみると60歳以上の患者割合が7割強を占めています。
直近数年と比較しても同じ傾向にあり、高齢者の入院患者が増加している傾向にあります。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 190 37.9 26.30 32.63 81.2
160760xx97xxxx 前腕の骨折 123 4.48 5.68 4.07 56.71
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 120 36.19 24.26 3.33 73.82
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 65 7.86 18.92 23.08 65.8
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 56 30.98 22.27 3.57 67.7

整形外科では、あらゆる整形外傷疾患に対応し、また膝・股・肩関節・脊椎・スポーツなどの各専門分野での診療も提供しています。
入院では高齢者の股関節大腿近位骨折の症例が多く、また2017年4月より人工関節センターが開設され、人工関節の症例が増加傾向にあります。術後の早期リハビリテーション・回復期病棟においては集中的なリハビリテーションを提供し患者さんのADL向上に努め早期社会復帰を目指しています。自院で急性期から回復期(リハビリを集中的にする期間)まで入院する場合は転院率は低く、在院日数は全国平均より長くなります。また急性期から退院される場合は在院日数が全国平均より短い傾向にあります。


脳神経外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 47 17.62 16.18 14.89 71.96
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 16 12.88 11.80 31.25 78.13
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 12 7.67 7.35 41.67 77.75

脳神経外科では脳梗塞(JCS10未満)の症例が多くなっており、次に慢性硬膜下血腫の症例が多くなっています。
自院で急性期から回復期(リハビリを集中的にする期間)まで入院する場合は転院率は低く、在院日数は全国平均よりやや長くなります。
その他の症例は在院日数が全国平均とほぼ同じになっています。


内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 23 2 2.67 0 65.96

内科では内科疾患全般について診療を行なってます。2017年1月より大腸内視鏡検査がはじまり大腸ポリープ・粘膜切除術が可能となり、症例数も増加しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
大腸癌
乳癌
肺癌
肝癌

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症
重症
超重症
不明

脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 84 21.46 73.95 16.49
その他 13 29.31 71 4.12

当院、脳神経外科では、頭痛・めまい・脳卒中・頭部外傷など脳疾患全般にわたり診療をしています。
また回復期リハビリテーション病棟を有し、介護老人保健施設を併設しており、急性期から回復期、慢性期まで一貫した
治療・リハビリテーション・介護を提供することが可能となっております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 203 2.34 30.76 6.4 72
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 162 3.89 26.02 30.86 76.23
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 137 1.5 4.3 10.95 57.34
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 85 4.29 33.61 27.06 82.08
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕、下腿) 66 0.97 0.98 0 43.39

整形外科では外傷・慢性疾患など様々な手術症例に対応することが可能となっています。
2018年度では高齢者の大腿骨骨折に対する観血的手術より人工関節手術の症例数が多くなりました。


脳神経外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 17 0.24 11.65 29.41 78.65

脳神経外科では慢性硬膜下血腫に対するする慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が大半を占めています。


内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ粘膜切除術2未 23 0 1 0 66.65

2017年1月より大腸内視鏡検査がはじまり大腸ポリープ・粘膜切除術が可能となり、
症例数も増加しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 20 1.36
異なる

手術や処置等の合併症が一見多いように見えますが、ほとんどが人工関節置換術後の経年による人工関節のゆるみや摩耗・破損に対する再置換術の件数となっています。

更新履歴